head_img_slim

information

お問い合わせボタン

繰り返す捻挫

捻挫がわかる見出し

  1. 捻挫とは
  2. 捻挫をしたときの応急処置
  3. リハビリの仕方
  4. 足首の腫れが引かない時
  5. 捻挫をした後にすべきこと
  6. まとめ
  7. 改善例

捻挫とは

捻挫とは、言わゆる関節を捻って痛めてしまったものです。

捻挫は、良くある怪我の1つです。一度捻挫をすると癖になりやすいです。そのため、初回の捻挫ではギプス固定をすることもあります。それほど捻挫は大きく体へ影響する怪我でもあります。

捻挫は繰り返しやすいけがです。それは、捻挫をした癖やけがをしたことによる体のバランスが崩れたままであることで起こります。

このような捻挫について、処置の仕方ららリハビリまで解説させていただきます。

捻挫をしたときの応急処置

けがをした直後の処置が一番大切です。この処置によって回復のスピードが大きく変わるからです。

怪我をしてから炎症が治まるまでの期間を急性期と呼んできます。

この時期患部では、怪我して組織を痛めて炎症が起こっています。炎症とは、その壊れた組織が回復す過程を言います。そんな炎症には、5つの兆候があります。

炎症の5徴候

発赤
痛めたところが赤くなる状態。血液が集まっています。
熱感
血液が集まり組織の回復が活発に行われています。
腫脹
痛めたところが腫れています。壊れた細胞の細胞液のほか痛めたところを守るために腫れています。
機能障害
痛めた患部をそれ以上負担をかけないように動きにくくなります。
疼痛
痛めた部位が明確になります。体はその変化を自覚して治そうとします。

このような5つの兆候があるときは急性期です。怪我をした直後からおおよそ3日ほどに炎症におピークを迎えます。ピークを迎えてからなだらかに炎症反応はおさまっていきます。

急性期の応急処置の基本はアイシング

捻挫を始めとする怪我の一番初め書処置としてアイシングが一般的です。アイシングの方法は「RICES]と言われています。これは処置の方法の頭文字をとっています。

  • Rest(安静)
  • Ice(冷却)
  • Compression(圧迫)
  • Elevation(挙上)
  • Stabilization/Support(安定/固定)

この処置を60分の売り20分行います。そして冷却から解放して40分の間隔をあけて再度同じ処置を繰り返します。受賞後24~72時間はできる限りこの処置を続けることが望ましいです。そうすることで怪我の後遺症を最小限にとどめることができ、早期復帰が可能となります。

リハビリを始める回復期

回復期とは立つ、座る、歩くなどの日常生活の動作が可能になるまでの期間を指します。この期間はスポーツをすることがない方も共通して必要な期間です。この期間をスムースに過ごすためには急性期の処置がとても大切です。

回復期ではリハビリが中心

回復期では日常生活を送るうえで必要な筋力や可動域の獲得に努めます。スポーツ復帰も含めてリハビリには段階があります。

  1. 可動域の改善
  2. 筋力の改善
  3. 筋持久力の改善
  4. 神経ー筋伝達の改善
  5. 機能訓練と再発予防

リハビリテーションとは特別な事ではありません。元の生活に戻るだけでなく、同じような怪我を繰り返さないように体を整えるところまでを行います。

また、時として怪我をするときに靭帯損傷や骨折などの不可逆的な外傷を負うこともあります。リハビリテーションではそのようなケースでも対応します。リハビリテーションの言葉の意味が「機能的再構築」という意味です。つまり今ある体で機能させることを行うのです。

始めは可動域

捻挫のリハビリは、動く範囲を確保することろから始まります。

この時期ですと、つま先を伸ばす、曲げるなど単純な動きから始めていきます。

筋力を確保

動く範囲を確保したのちに力が入るようにします。

捻挫の場合は、足首周囲の筋肉が対象です。例えば指の筋肉。タオルギャザーなどが一般的に復旧しています。もしかのであれば新聞紙などでも同じようにリハビリをしてみましょう。タオル以上に細やかな動きは必要となります。

筋持久力

筋力をつけるとともに、筋持久力も鍛えていきます。

筋持久力とは、動き続けられる能力です。一瞬、力が対っても持久力がないと反応できなくなります。これでは、疲労してくることで再度捻挫する危険があります。

力を入れるだけでなく、動き続けられるようにリハビリをしていきます。

神経-筋伝達系

捻挫が起こるのは一瞬の間に起こります。

その一時に藩王できるかによって、損傷の具合が変わります。靭帯を伸ばすだけで済むのか、骨まで痛めてしまうのかなど程度が異なります。

再度同じように怪我をしないためにも、この反応を鍛えなおすことは必要になります。

より高い生活強度までの復帰期

復帰期ではスポーツの競技特性を負荷していきます。例えばステップワークやジャンプなどの日常生活レベル以上の強度の訓練を行います。他にも対人競技や球技競技のように、自分以外の物や人との関わりあいを加味したリハビリトレーニングが行います。

協議復帰の段階で大切なのはけがをしたときよりも高いレベルでの復活を目指すことです。怪我をすることで自分自身の体の使い方を見直します。痛めた動きには部分的な不可が加わって起こることが大きいです。体の使い方を見直すことで同じような怪我をしなくなります。そしてより高いパフォーマンスを発揮できます。

良くあるスポーツ外傷

  • 足首の捻挫
  • 肩の脱臼
  • 骨折
  • 大腿の肉離れ
  • 打撲

急性期の処置からリハビリまで対応可能です。お困りの場合は是非お問い合わせくださいませ。

スポーツ障害は慢性的な怪我

一般的には過度な負荷がかかり、筋肉が損傷することで怪我が引き起こされます。
肉離れでは、筋肉の損傷、捻挫では、関節をつなぐ靭帯の損傷などがあります。
これらは、ぶつかったり、押されたりする体の外からの外力によって引き起こされる怪我で「外傷」と呼ばれます。
体の使いからから起こる肉離れや筋膜炎などの怪我があり、突発的な外傷とは区別しています。

使い方がら怪我を起こす慢性的な怪我は、怪我を起こりやすい体や姿勢がら起こることが多いのです。繰り返し怪我をしているのは、偶然ではなく必然なのです。



怪我をしやすい姿勢

体は常に重力の影響を受けています。重力は、立つ座るなどの姿勢によって、体の関節や筋肉に加わる負荷が変わってきます。

筋肉は引き伸ばされることが一番負担がかかります。そのため、猫背などの姿勢では、体の後ろ側は常に引き伸ばされています。

この姿勢で走ると、筋肉は通常よりも引き伸ばされるため肉離れを起こしやすくなります。



姿勢が変わると動きも変わる

体の姿勢が変わると、体の動きやすさも変わります。

例えば、猫背の場合では、つま先に力が入りやすいです。

試しに、足の指をグーっと握ってみましょう。そのまま歩いてみてください。とても歩きにくいです。

このように、姿勢は体全体にかかる力みにも影響してきます。

いかに力を抜いた状態で楽な姿勢を作ることができるか、それができたときには、体を動かすこともスムーズになり疲れにくい体に変わっていきます。


改善例

症例 捻挫をして踵が痛い 学生陸上 3000m障害 10代

主訴

3000m障害走で、障害を越えた時に捻って痛めた。水ごうの着地なのでアキレス腱が伸びた感じで、足をつくと踵が痛い。

施術内容

足部のアライメント調節。テーピングとパットによる固定。アキレス腱の踵骨付着部の保護。

考察

捻挫の部分よりも、アキレス腱の付着部の炎症が強いケース。この場合は踵を保護してアキレス腱に負担がかからないように日常を過ごす必要があります。怪我をした直後はアイシングと固定をします。その後は徐々にアキレス腱へ負荷をかけて元の体重がかけれるようにリハビリをしていきます。


お問い合わせはこちらまで!

  • はてなブックマークに追加
  • 繰り返すスポーツ傷害 - 川崎市の姿勢改善なら「英気整体院」

電話番号 0120-71-4976

お問い合わせボタン


ページトップに戻る