head_img_slim

information

お問い合わせボタン

HOME >繰り返すスポーツ傷害のページ >足裏の痛み(足底腱膜炎)

繰り返す足裏の痛み(足底腱膜炎)

足裏の痛み(足底腱膜炎)がわかる見出し

  1. 足裏の痛み(足底腱膜炎)とは
  2. 足裏の痛み(足底腱膜炎)をしたときの応急処置
  3. 足裏の痛み(足底腱膜炎)のリハビリの仕方
  4. 足裏の痛み(足底腱膜炎)を繰り返さないために
  5. 足裏の痛み(足底腱膜炎)と診断された時にすべきこと
  6. まとめ

足裏の痛み(足底腱膜炎)とは

足底腱膜炎とは、言わゆる足裏のアーチを形成している腱膜いわれる組織を痛めてしまったものです。

足底腱膜炎は、良くある怪我の1つです。特に接地の仕方や慢性的な疲労によって起こりやすいスポーツ傷害です。

足底腱膜炎は繰り返しやすいけがです。歩く程度では痛くはないが、コンクリートなどの硬い場所を走ったり、スパイクを履いたりすると再発しやすいです。

このような足底腱膜炎について、処置の仕方ららリハビリまで解説させていただきます。

こんな症状があったら要注意

  • 片足立ちでバランスが取れない
  • 足の指が常に曲がっている
  • 右足と左足の靴の減り方が違う
  • 靴下がよれる
  • つま先たちで止まれない

3つ以上当てはまる場合には足底腱膜炎の予備軍です。

期と院としたリハビリをしないと足底腱膜炎以外のスポーツ傷害を引き起こす危険性があります。

痛みやけがをしたときだけにするのがリハビリではありません。今持っている体の能力を最大限に使いこなすのがリハビリ(機能的再構築)です。

足裏の痛み(足底腱膜炎)をしたときの応急処置

足底腱膜炎は痛みを強く感じやすいスポーツ傷害の1つです。そのため、一度痛みを感じてしまうと姿勢全体が崩れてしまいます。痛みを感じたらすかさず運動を中止します。初めにの応急処置としてはアイシングが有効です。

痛みが治まってきたら、足の形を整えます。足底は体重な常にかかります。なるべく痛めた部位への負担を減らすため、テーピングやインソールなどで補強します。

痛みを感じることで体は緊張します。この緊張から動きにくさが生じます。その不自然な動きによってさらなる体への負担をかけてしまいます。ですので、痛みを最小限に抑えた後には必ず補強が必要になります。まずはアーチを整えるテーピングが有効ですので試してみてください。

足裏の痛み(足底腱膜炎)のリハビリのポイント

足底腱膜炎はいくつかの要因があって起こります。代表的なものをご紹介いたします。

  • アーチ(土踏まず)の低下による足底腱膜炎への負担
  • 足指の緊張による引きつり
  • 踵の骨の不安手による足底腱膜への負担
  • しゃがめない(アライメントの機能的不一致)
  • 重心位置のズレ

これらはほんの一部です。個人によって原因や発症の仕方は異なります。


足裏の痛み(足底腱膜炎)を繰り返さないために

スポーツ傷害は慢性的な負担の蓄積によって起こることが多いです。ですので、不安定な姿勢やチキンでいる姿勢であることに気付けることが大切です。

リハビリは体を修正することだけではありません。今の現状がどのようになっているかを把握するのに必要なものです。



足裏の痛み(足底腱膜炎)と診断された時にすべきこと

足底腱膜炎は痛みを感じる部位によって、痛みの引き方が異なります。

足底腱膜炎では、踵付近が痛むと痛みが減るのに時間がかかります。重症化すると骨化(こっか)と言って骨のとげができてしまいます。

足底腱膜炎は、痛みを我慢して無理をするものではありません。きちんとした動きをすることで、痛みのない状態へ導けます。



足裏の痛み(足底腱膜炎)のまとめ

足底腱膜炎は体の使い方によって起こりやすいスポーツ傷害です。

痛みを感じる前に、どのくらい足底が緊張しているかを知りましょう。

試しにテニスボールなどでぐりぐりと足底をほぐしてみましょう。ゴリゴリ痛みを感じるならば、普段から緊張が強い証拠です。

このように、痛みとして感じる前に体の状態を足底腱膜炎整えることで足底腱膜炎を予防できます。

普段からいかに自分の体へ関心を持つことが出来るかがポイントです。



お問い合わせはこちらまで!

  • はてなブックマークに追加
  • 繰り返すスポーツ傷害 - 川崎市の姿勢改善なら「英気整体院」

電話番号 0120-71-4976

お問い合わせボタン


ページトップに戻る