head_img_slim

information

お問い合わせボタン

坐骨神経痛

坐骨神経痛 見出し

  1. ・坐骨神経痛を疑う時
  2. ・坐骨神経痛の原因
  3. ・坐骨神経痛のリハビリの仕方
  4. ・整体で良くなる坐骨神経痛
  5. ・整体を受けたほうがいい時
  6. ・改善事例

坐骨神経痛を疑う時

坐骨神経痛はスポーツに限らず起こる神経の障害です。特にスポーツでは、坐骨神経痛のために怪我を起こしやすいので早めの対処が必要になります。

  • ・座っているとしびれる
  • ・ふくらはぎの外側が張りやすい
  • ・足がつりやすい
  • ・なかなか足の柔軟性が変わらない
  • ・腰が痛くなりやすい
  • ・足を組む癖がある

もしこの中で1つでも当てはまる場合は、坐骨神経の障害が疑われます。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は骨や筋肉に起因する問題が多いです。。

  • ・腰椎分離症、すべり症がある
  • ・おしりの筋肉が硬い
  • ・背骨の動きが硬い
  • ・体のアンバランスな使い方
  • ・疲労の蓄積

このような原因で坐骨神経痛は起こります。

特に偏った姿勢が癖になると起こりやすい傾向にあります。

坐骨神経痛のリハビリのポイント

坐骨神経痛は急になるものではありません。神経を急激に引き延ばされない限りは、徐々に負担がかかり起こります。骨の動きや筋肉の柔軟性を改善するとよくなります。

  • ・お尻の柔軟性
  • ・背骨のたわみを作る
  • ・胸を開く
  • ・身体の連動性を整える

まずは動きの修正していきます。




整体で坐骨神経痛がよくなる

坐骨神経痛は体の使い方の不具合で起こりやすいスポーツ傷害です。

腰椎分離症などの物理的に弱い部分があると体を固めるため起こりやすいです。。

それ以外ですと、神経の走行のどこかが圧迫などの障害を受けて神経痛が発症します。

このように、体の状態を把握することで予防できます。

普段からいかに自分の体へ関心を持つことが出来るかがポイントです。

整体を受けたほうがいい場合

もしこのような場合は整体を受けたほうがよいです。

  • ・足のしびれある
  • ・痺れる時間が長くなる
  • ・立っている姿勢がつらい
  • ・足のむくむがある

このような場合は神経痛が悪化しやすいです。早めの受診をお勧めいたします。


改善事例

症例 足の外側のしびれと痛み


患者 10代 陸上部 女子 長距離

1か月前から走ると足の外側にしびれが出えるようになった。長い距離を走るとしびれが出る。最近ではジョグ程度のスピードでも距離を踏むとしびれや痛みが出るようになった。


施術内容

聞き取りチェックポイント

  • どんな時に痛むか:距離を踏んだ時
  • どこに症状が出るか:足の外側からお尻にかけて
  • どうすると楽になるのか?:走るのをやめて休息すると

機能チェック

  • しゃがみこみ
  • 片足立ちの不安定性
  • フロントランジ【一歩前に足を踏み出す)

施術内容

臀部周囲のストレッチおよび、股関節まわりの機能訓練(外転、外旋運動)

考察

長い距離を走ることによる症状です。この場合は走り方に問題があると考えました。この型の場合は、接地の不安定性があり、その動きをかばうために股関節周囲の筋肉が硬くなり、神経を圧迫したためにしびれや痛みの症状が出ていました。

休むと楽になるが、動きを直さないために再発を繰り返しています。

片足立ちの繰り返しは歩行です。まずはここの不安定性を解消することを目的にリハビリを行いました。3週間後の現在ではすっかり良くなり10㌔もの距離を走っても症状が出なくなりました。


お問い合わせはこちらまで!

  • はてなブックマークに追加
  • 繰り返すスポーツ傷害 - 川崎市の姿勢改善なら「英気整体院」

電話番号 0120-71-4976

お問い合わせボタン


ページトップに戻る