head_img_slim

information

英気整体院
メニュー
メールボタン
ライン
お問い合わせボタン
HOME>腰椎分離症・すべり症

腰椎分離症・すべり症




1,腰椎分離症を疑う時

腰の痛みが長く続く、片側だけに痛みや主だるさがあるときは要注意です。。

  • ・身体を捻ることが多い
  • ・腰を反ると痛い
  • ・片側の腰やお尻が張る
  • ・重いものを持つことがつらい
  • ・背骨を鳴らしたい衝動がある
  • ・しゃがんだ時に踵が浮く

もしこの中で2つ以上当てはまる場合は、腰椎分離症の障害が疑われます。

2,腰椎分離症の原因

腰椎分離症は慢性的な負担が起因して起こるケースが多いです。

  • ・腰を捻り背骨に負担がかkる
  • ・猫背で背中が丸い
  • ・お尻まわりが硬い
  • ・いきむことが多い
  • ・疲労の蓄積

このような原因で腰椎分離症群は起こります。

特に偏った姿勢が癖になると起こりやすい傾向にあります。

3,腰椎分離症のリハビリの仕方

腰椎分離症はいわゆる疲労骨折です。初期の段階で固定すれば骨が付く可能性もありますが、ほとんど気付くときはある程度の期間が経っています。

骨をくっつけることよりも、さらなる負担で「すべり症」などを予防することが大切です。

  • ・お尻の柔軟性
  • ・股関節の柔軟性
  • ・胡坐がかける
  • ・しゃがめる
  • ・あばらを開く

まずはこれらの動きの修正していきます。

腰の身に負担をかけることがなければ、新家売痛やすべり症なども防ぐことが出来ます。




4,整体で良くなる腰椎分離症

腰椎分離症は急激な負担や慢性疲労で起こりやすいスポーツ障害です。

極端に腰を捻る動きが多いと起こりやすいです。

このような筋肉の疲労や使い方のアンバランスによって起こりやすいです。

腰椎分離症は、ある程度は体の状態を把握することで予防することが出来ます。

普段からいかに自分の体へ関心を持つことが出来るかがポイントです。

5,整体を受けたほうがいい時

もしこのような場合は整体を受けたほうがよいです。

  • ・片側にしびれが出る
  • ・背中が丸くなる
  • ・イスに長い時間座れない
  • ・足の片側が硬い

このような場合は中小臀筋症候群を発症しています。早めの受診をお勧めいたします。




3つのアプローチで軸を整える

sejyutsu_3point



お腹を緩める

sejyutsu01

内臓や自律神経の働きを整えます。

腸のコリを取ることでまっすぐな姿勢を取りやすくなります。

お腹がゆるむことで、まっすぐ骨で立つことができます。


筋肉の位置や形を整える

sejyutsu02

皮膚や筋肉にはクセがつきます。怪我をした後にはこのクセが残っています。

体の使い方をリセットすることで、怪我の再発防止になります。


神経の反応を正常化

sejyutsu03

緊張が強いことで体をうまく使いこなせません。体の力みは神経の緊張から生まれます。

その緊張をとり、緩んだ状態にすることで、反応しやすくなります。

疲労などで反応が鈍くなると怪我をしやすいのです。



お問い合わせはこちらまで!

  • はてなブックマークに追加
  • 繰り返すスポーツ傷害 - 川崎市の姿勢改善なら「英気整体院」

電話番号 0120-71-4976

お問い合わせボタン


ページトップに戻る