head_img_slim

information

お問い合わせボタン

HOME > 繰り返すスポーツ傷害のページ > シンスプリント(脛骨骨膜炎)

繰り返すシンスプリント(脛骨骨膜炎)

シンスプリントがわかる見出し

  1. ・シンスプリント(脛骨骨膜炎)とは
  2. ・シンスプリント(脛骨骨膜炎)をしたときの応急処置
  3. ・シンスプリント(脛骨骨膜炎)のリハビリの仕方
  4. ・シンスプリント(脛骨骨膜炎)を繰り返さないために
  5. ・シンスプリント(脛骨骨膜炎)と診断された時にすべきこと
  6. ・まとめ

シンスプリント(脛骨骨膜炎)とは

シンスプリント(脛骨骨膜炎)とは、言わゆる脛骨(スネ)の骨に炎症が起きた状態です。

シンスプリント(脛骨骨膜炎)は、使いすぎによる慢性傷害の1つです。アイシングや休息をとれば痛みは軽減しますが、疲労の蓄積や練習の負荷が高くなると再受傷しやすいスポーツ傷害です。

このようにシンスプリント(脛骨骨膜炎)は繰り返しやすいです。それは、体の使い方などを変えていないために起こります。

このような繰り返すスポーツ傷害について、処置の仕方ららリハビリまで解説させていただきます。

シンスプリント(脛骨骨膜炎)をしたときの応急処置

シンスプリントは慢性のスポーツ傷害です。ですので、急になるものではありません負担が蓄積して痛みなどを感じます。

痛みを自覚したときに行うのはアイシングが有効です。

アイシングは痛みを感じた部位へ行いましょう。

シンスプリント(脛骨骨膜炎)のリハビリの仕方

シンスプリントは同じ部分へ慢性的に負担がかかることで起こります。

シンスプリントは、後脛骨筋や指の屈筋・伸筋などの筋肉が骨に付着している部位へ負荷がかかることで炎症が起こります。この負荷は引きはがされる物や圧迫を受けるものなど様々あります。ですので、このような部分へかかる負荷を改善させていきます。

シンスプリント(脛骨骨膜炎)を繰り返さないために

シンスプリントは慢性的に負荷が加わり起こる慢性的なスポーツ傷害の1つです。

使い方がら怪我を起こす慢性的な怪我は、怪我を起こりやすい体や姿勢がら起こることが多いのです。繰り返し怪我をしているのは、偶然ではなく必然なのです。

このような下がの予防には、日頃からの立ち居振る舞いが大きく影響してきます。そのい何気ないしぐさから変えると、けがの予防だけでなく、パフォーマンスアップになります。



シンスプリント(脛骨骨膜炎)と診断された時にすべきこと

診断基準は負荷をかける事でわかります。これが続くと疲労骨折につながります。

体は壊れる段階があります。痛みの前の違和感や歪みの段階で改善させていきましょう。



シンスプリント(脛骨骨膜炎)のまとめ

シンスプリント(脛骨骨膜炎)は慢性的に負荷が加わることで起こるスポーツ傷害です。

日頃の体の使い方や疲労の蓄積が原因で痛みを始めとする症状が起こります。

これらを改善するには、自分自身の体の状態に応じて対処していきます。。

痛みを感じた時には応急処置としてアイシングが有効です。

安静にすれば痛みは軽減します。しかし、癖などが改善しないと同じことを繰り返します。そうならないために、 日頃の立ち居振る舞いから改善していきましょう。


改善事例

症例 シンスプリントと言われた脛の痛み

患者

10代 学生 女子 陸上競技部 短距離

主訴

2か月前より練習中に痛みを感じるようになった。

脛の内側に痛みがある。初めはバウンディングや走りで痛みが出ていたが、今は歩いているだけでも気になる。

練習後にアイシングとストレッチをしているがなかなか良くならない。

施術内容

体への負担が慢性的に起こると筋肉だけでなく骨も変形していきます。外反母趾などが代表的なものです。

このシンスプリントも骨がねじれる変形を起こしていました。

筋骨格の調節と矯正で痛みを摂るだけでなく、足へ負担をかからないように整えました。

良い状態をキープできるようテーピングでもサポートしました。

考察

シンスプリントは脛骨骨膜炎と言われているスポーツ障害の1つです。

この症状は、走りやジャンプなどで足に負担が加わることで起こります。特に疲労が蓄積して筋肉が硬くなることで起こりやすくなります。

筋肉は足指の筋肉、後脛骨筋などへの負担、アーチの低下などで起こると言われています。

当院では、筋肉だけでなく骨へのアプローチを行い、癖のついた骨格矯正を行うことで負担のかかり方を改善させていきました。

症例 繰り返すシンスプリント 17歳女性

主訴

練習中にスネの内側が傷んだ。アイシングをして休むと痛みは引くが、練習を再開すると再び痛む。

施術内容

チェックポイント

・片足立ち
・指の動きを制限しての片足立ち
・爪先立ち
・しゃがむ

片足立ちが不安定な場合、指の力を使い安定させる傾向にあります。また、母子球でける癖がある場合にも親指の筋肉が硬くなり、摩擦が生じやすいです。

施術の実際

・足首のアライメント調節
・足部の筋膜リリース
・軸圧調節テープ
・セルフケアで足部アライメントの調節
・全身の筋連動促通

考察

シンスプリントなどの慢性的な刺激の繰り返しで起こるものをスポーツ障害といます。この慢性的な刺激は、練習以外にも体に起こります。例えば立ち方や歩き方です。極端に言えば姿勢が悪いと、体の1部分に負担がかかり、このような慢性的な痛みを生じやすくなります。


お問い合わせはこちらまで!

  • はてなブックマークに追加
  • 繰り返すスポーツ傷害 - 川崎市の姿勢改善なら「英気整体院」

電話番号 0120-71-4976

お問い合わせボタン


ページトップに戻る