head_img_slim

information

お問い合わせボタン

繰り返す肉離れみ

肉離れがわかる見出し

  1. ・肉離れとは
  2. ・肉離れをしたときの応急
  3. ・肉離れのリハビリの仕方
  4. ・肉離れを繰り返さないために
  5. ・肉離れ絵と診断された時にすべきこと
  6. ・整体で良くなる肉離れ
  7. ・整体を受けたほうがいい時

肉離れとは

肉離れとは、言わゆる筋(すじ)いわれる組織を痛めてしまったものです。

肉離れは、良くある怪我の1つです。痛めた時の程度によって1度から3度に分けられます。

肉離れは繰り返しやすいけがです。完全に治癒しなくても歩けたり日常生活ができてしまいます。急激な動作の切り替えや大きい力が加わる、疲労の蓄積で再発しやすいです。

このような肉離れについて、処置の仕方からリハビリまで解説させていただきます。

こんな症状があったら要注意

  • ・柔軟性に左右差がある
  • ・極端に力の左右差がある
  • ・筋肉がつりやすい
  • ・靴のすり減り方に癖がある
  • ・疲労が抜けにくい

3つ以上当てはまる場合には肉離れの予備軍です。

このような状態では肉離れの再発やさらなる怪我を引き起こしやすい状態です。。

痛みやけがをしたときだけにするのがリハビリではありません。今持っている体の能力を最大限に使いこなすのがリハビリ(機能的再構築)です。

肉離れをしたときの応急処置

肉離れは急激な負荷がかかるときに起こりやすいスポーツ傷害の1つです。そのため、痛みを感じたらすかさず運動を中止します。初めにの応急処置としてはアイシングが有効です。

痛みが治まってきたら、からだの柔軟性をもどします。
柔軟性→筋出力→筋持久力→神経筋促通→競技動作の順でリハビリを進めていきます。

始めはアイシングを行います。それは「痛みの緩和」と「血流促進」です。痛みを抑えて緊張を抑えて、痛みを感じる物質の排泄を促します。アイシングのほか、圧迫と拳上(心臓よりも上にあげる)も有効です。

肉離れのリハビリのポイント

肉離れはどんな協議でも起こりやすいスポーツ傷害の1つです。動作そのものよりも体のコンディショニングによって左右されやすい特徴があります。

  • ・姿勢不良によって起こる
  • ・筋肉の疲労
  • ・部分的な不可の連続
  • ・神経-筋の連動不足
  • ・神経の圧迫

これらはほんの一部です。個人によって原因や発症の仕方は異なります。


肉離れを繰り返さないために

スポーツ傷害は慢性的な負担の蓄積によって起こることが多いです。ですので、不安定な姿勢やチキンでいる姿勢であることに気付けることが大切です。

リハビリは体を修正することだけではありません。今の現状がどのようになっているかを把握するのに必要なものです。



肉離れと診断された時にすべきこと

肉離れは痛めた部位の状態によって修復にかかる期間が異なります。。

神経の引きつりでは数日で良くなります。筋膜の炎症では1~2週間。菌繊維を痛めた場合は1~2カ月。菌断裂はそれ以上が目安です。

肉離れは癖になる。これは傷が治るだけでなく、動きの改善を伴わないと再発するという意味がります。傷は休めばよくなりますが、動きは修正しないと変わりません。きちんとしたリハビリが必要になります。



整体で肉離れがよくなる

肉離れは体の使い方の不具合で起こりやすいスポーツ傷害です。

筋肉を傷める前に体の柔軟性や疲労感で事前に不良を察知することが出来ます。

柔軟をしてもなかなか柔らかくならない場合などは要注意です。知らない間に体の力みが抜けていない証拠です。

このように、痛める前に体の状態を把握することで予防できます。。

普段からいかに自分の体へ関心を持つことが出来るかがポイントです。



お問い合わせはこちらまで!

  • はてなブックマークに追加
  • 繰り返すスポーツ傷害 - 川崎市の姿勢改善なら「英気整体院」

電話番号 0120-71-4976

お問い合わせボタン


ページトップに戻る