head_img_slim

information

英気整体院
メニュー
メールボタン
ライン
お問い合わせボタン
HOME > 顎関節症




☑ 顎が開きにくい
☑ 顎を開けるとカクカクする
☑ 頭痛が起こりやすい
☑ 耳鳴りがする

もしこのようなお悩みがあれば、それはあごに問題があるかもしれません。耳や頭の緊張が耳鳴りや頭痛を引き起こします。そんな悩みは、顎を整えることで解消できます。

当院にはそのようなお悩みの方も来られ良くなっておられます。
この問題を引き起こしているあごの症状を顎関節症といいます。
顎関節症とはどんな症状なの?と疑問を抱かれると思います。

それでは、そんな顎関節症について回絶させていただきます。

そもそも顎関節症とは



顎関節症とは、顎の関節に不具合をきたしている状態で、口を開いたt気に手の指が3本分以上開かないようであれば、病院で診断されます。
他にも顎を動かしたときのクリック音、食いしばりやかみ合わせの不具合などあごの関節以外にも支障をきたすものです。

一般的な顎関節症の対処


  • ・顎関節の運動
  • ・マウスピース
  • ・かみ合わせ矯正


顎関節症は、櫛張りなどによって顎にある半月円盤(はんげつえんばん)を損傷してしまうことがあります。関節円盤は、関節の衝撃を鑑賞するクッションです。このクッションが破損すると、あごの関節の動きがスムーズに行うことができずに、クリック音や関節運動の障害をきたします。

そのため、関節にかかる緊張を緩和するあごの体操を指導されます。また、食いしばりのために、あごの関節にかかる負担を解消するため、マウスピースやかみ合わせの矯正も行われます。

これらの対処で、改善できるケースもあります。しかし、それでもなかなか、良くならない場合は、顎だけの問題ではないことがあります。


英気整体院の顎関節症に対する取り組み



  • 首の柔らかさを作り、顎にかかる負担を減らす
  • 頭蓋骨を整え食いしばりを最小限にする
  • 内臓下垂を解消して首の緊張をとる


首の柔らかさを作り、顎にかかる負担を減らす



ストレートネックやスマホネックでは、首の関節が固まっています。そのため、顎で頭を支えてしまいます。ですので、首を緩めることで、首が座り、顎にかかる負担を解消出来ます。当院では、整体で緩めるだけでなく、枕の使い方や座り方など日常生活でも体をよくできるようなアドバイスまでさせていただいております。


頭蓋骨を整え食いしばりを最小限にする



人は寝てる時に寝返りや歯ぎしりをします。これは癖ではなく、体を整えるために行ってます。しかし、必要以上に食いしばってしまうと、音が出る歯ぎしりをしてしまいます。

英気整体院では、頭蓋骨を整えることで、寝ている間に行われる歯ぎしりを最小限にとどめるようにしております。そうすることで、顎にかかる負担も軽減されます。

内臓下垂を解消して首の緊張をとる



首が硬くなると、顎や頭蓋骨にかかる負担が多くなります。その方さを作る要素の1つに、内臓下垂があります。首の奥には食道があります。胃腸が下垂すると、食道も引き連れて緊張します。その緊張が首の関節や筋肉にもおよび首が固まってしまいます。

英気整体院では、内臓の位置や形を整えることで、このようなくびを固めてしまう原因を取り除きます。


この記事のまとめ


さて、いかがでしたでしょうか?

顎関節症は、顎そのもののケアと、顎周囲の調節が必要になります。顎だけの対処をしてもなかなか改善されない場合は、首を中心とする硬さを取ることで、良くできます。


お問い合わせはこちらまで!

  • はてなブックマークに追加
  • 繰り返すスポーツ傷害 - 川崎市の姿勢改善なら「英気整体院」

電話番号 0120-71-4976

お問い合わせボタン


ページトップに戻る